« ぼくのバカヨメ日記(139) | トップページ | ぼくのバカヨメ日記(140) »

2015年6月21日 (日)

福生ドック

みなさま、福生って聞くと何を想起しますか?

故大滝詠一さん?  横田基地?

食いしん坊なボクが向かったのは、JR青梅線福生駅北口から徒歩5分のところにある
Img_2806
大多摩ハム(クリック)さん。
西多摩地区のハムソーセージの名店ですな。

何たって、大多摩ハムの創業者は、ドイツ式のハムをの作り方を日本に最初に伝えたローマイヤ氏に師事した1番弟子ってことですからね。

戦後は、肉にうるさい横田基地の米軍にハム・ソーセージを卸してるってんですから、期待がもてますな。

この大多摩ハムの工場併設されているのが売店&レストラン「シュトゥーベン・オータマ」さん。
Img_2808
Img_2812
店内は1階がハム。ソーセージの売店
Img_2810
Img_2809
2階がレストラン。
Img_2811
伺った日もレストランは満席でした。w(゚o゚)w

そして今、大多摩ハムさんが福生の新名物として売り出し中なのが・・・
Img_2807
福生ドック(460円)……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ
Img_2814

いわゆるホットドックなんですけど、挟んであるソーセージとベーコンに幻の豚肉とも言われる「東京X(エックス)」が使われているんです。

2階のレストランでは、スープ付き600円で提供されているんですけど、1階の売店でも460円(単品)で販売されてます。

売店で買った福生ドックは、その場で温めてもくれるんで、帰りに食べながらなんってことも出来ますぞ。

早速一口。

ぶっとく直径2センチくらい)、そして長い(15センチくらい)ソーセージは普通のソーセージの2倍以上の大きさで、弾力があってとっても美味。

そして厚切りのベーコンは、塩味抜群!!

縁日の夜店とか、遊園地で食べるホットドックとは比べものにならない美味しさっす(まっ、当然ですけどね)。

食べ応えもあって、大満足でございました(ちょっとお値段高めですけどね)。

このまま、手ブラで帰るのは勿体無いんで、奥さんにウインナーの御土産を購入。
Img_2813

せっかく御土産を買って帰ったんですけど、奥さん、「ゼーホフ工房の(ウインナーの)方が美味しい凸(`、´X)」って毒づいてました。(ノ∀`) アチャー

そうそう、大多摩ハムの製品は、立川の高島屋さんに直営店がありますんで、福生に行かなくてもお買い求めできますぞ。

« ぼくのバカヨメ日記(139) | トップページ | ぼくのバカヨメ日記(140) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589249/61773437

この記事へのトラックバック一覧です: 福生ドック:

« ぼくのバカヨメ日記(139) | トップページ | ぼくのバカヨメ日記(140) »